スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)

 薄紫の花穂(かすい)を垂らし、香り豊かに咲く姿は貴婦人のよう。藤の名所、春日大社の「砂ずりの藤」が、満開を迎えている。今年は4月の寒さが影響し、見ごろが少し延びているそうだ。

 春日大社と藤は縁が深い。平城京の守護神である同社は、藤原鎌足を祖とする藤原氏の氏神でもあった。768年、時の左大臣、藤原永手(ながて)によって創建されたと伝えられる。それ以前も春日山(御蓋山(みかさやま))一帯は聖地で、平城遷都後は山頂に中臣氏(鎌足の出身氏)ゆかりの御祭神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)を茨城県・鹿島神宮から迎え、まつっていたそうだ。

 藤原氏といえば、江戸時代まで千年以上にわたって貴族社会を席巻した氏族。その繁栄を見れば、霊験あらたかといえるだろう。平安京に都が移っても、一族の氏の長者や摂政関白らが「春日詣(かすがもうで)」に赴き、かの藤原道長も訪れた。その境内は藤でいっぱいだ。社紋は「下がり藤」だし、神職の衣装や巫女(みこ)のかんざしには藤があしらわれ、万葉植物園では早咲きから遅咲きまで約20品種、約200本の藤が参拝客の目を楽しませている。

 そういえば、藤原氏出身の紫式部が書いた源氏物語では、主人公・光源氏のあこがれの女性は「藤壼(ふじつぼ)」だった。

 藤は日一日と房を長く伸ばして咲くため、昔から長寿のシンボルとされてきた。確かに藤棚の下に立ち、華やかな香りに包まれると寿命もなんだか延びそうな…。

 文 山上直子

浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:くさのいさおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。