スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施術装い下半身触る=整体師の男を逮捕―神奈川県警(時事通信)

 整体の施術と称して主婦(23)の下半身を触るなどしたとして、神奈川県警多摩署は10日、準強制わいせつ容疑で川崎市多摩区宿河原、整体師平松賢二容疑者(51)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月13、19の両日、同区の整体治療院で整体の施術をする際、主婦の下半身を触るなどした疑い。
 同署によると、主婦は肩などのこりをほぐすために平松容疑者の治療院を訪れた。タオルで目隠しをされ、「こりをほぐすための施術だ」として下半身を触られるなどしたという。主婦が自宅に帰って夫に相談。「それはおかしい」という夫の指摘で、27日に多摩署に届け出た。 

<野島埼灯台>水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止(毎日新聞)
「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)
スイッチOTC候補19成分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
はやぶさ 7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還(毎日新聞)
秘書官、厚労省からも起用=6人体制に増強―菅首相(時事通信)
スポンサーサイト

菅直人副総理は、「代表選出馬か」の質問に無言(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は2日午前、鳩山由紀夫首相の退陣表明を受け、国会内で記者団に「党代表選に出馬するのか」と問われたが無言で車に乗り込んだ。国会から首相官邸に入った。

【関連記事】
首相、目に涙浮かべ辞意表明 小沢幹事長も辞任
首相辞任 「朝、連絡があった」 渡部元副議長
「誰が首相でも声明尊重を」 普天間移設で米高官
首相進退問題 トップ2人の共同責任だ
首相の素顔 「愚かさ」の裏にしたたか処世術
「はやぶさ」帰還へ

ツイッターに女性殺害予告=脅迫容疑で32歳男逮捕―警視庁(時事通信)
大麻所持容疑でヒップホップミュージシャン逮捕(産経新聞)
泉南石綿訴訟 原告側も控訴(産経新聞)
<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪問(毎日新聞)
IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)

党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)

 自民党の大島幹事長は24日、東京・永田町の党本部で小野寺五典・宮城県連会長と会談し、夏の参院選宮城選挙区(改選数2)で現職の市川一朗氏(73)を推薦する方針を伝えた。

 25日にも党内手続きに入る。市川氏は近く無所属で立候補を表明するとみられる。

 同党県連は、党本部の方針に強く反発しており、24日の役員会で、公募で選んだ新人の熊谷大氏(35)に絞って支援する方針を決定。同党が分裂選挙になることは確定的となった。

 大島幹事長は24日、党本部に小野寺会長ら県連幹部を呼び、「県連の意向と違うかもしれないが、今回の参院選は党勢拡大のチャンス。(市川氏には)一定の支持者もいる」と推薦の理由を説明。小野寺会長は「見えないところで決める古い自民党の密室政治そのもの。そこから脱却するために公募を行ったのに、頭越しの推薦に憤りを感じる」と抗議したという。

 県連の須田善明幹事長によると、参院選の2人区は全国に12あるが、同党が2人目の擁立手続きに入るのは宮城のみ。須田幹事長は同日の記者会見で「党勢拡大というが、なぜ宮城だけなのか」と疑問を呈した。

 ただ、県内の一部支部では市川氏を支援する動きが出ており、ある支部幹部は「党本部のお墨付きで市川氏を応援しやすくなった。比例票の底上げにつなげる選挙にしたい」と語った。

 市川氏の事務所は「機関決定ではないので、何とも言えない」としている。

 一方、自民党の混乱ぶりに他党は冷ややかだ。

 民主党県連の郡和子幹事長は「自民票が割れれば戦いやすくなる」と語った。共産党県委員会の中島康博委員長も「古い自民の人が出るのは、自公政権の問題を大いに訴える機会」と言い、社民党県連の岸田清実幹事長は「自民党は若返りと言いながら、現職を無視できなかった」と切り捨てた。

哨戒艦事件、安保会議で協議へ=鳩山首相、万全の対応指示(時事通信)
<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)
普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
遠藤周作さんの初期未発表作発見 長崎の文学館で公開(産経新聞)
小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)

<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)

 外務省は18日、中国の温家宝首相が30日から6月1日まで日本を公式訪問し、31日午前に鳩山由紀夫首相と会談すると発表した。

 中国海軍ヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に接近した問題などを受けた事故防止のための日中間のルールづくりなどで意見交換し、中国製ギョーザ中毒事件を教訓とした食品安全分野での協力推進で新たな枠組みに関し合意する見通し。

 温首相は韓国・済州(チェジュ)島で29、30両日開かれる日中韓首脳会談に出席後、30日午後に東京入り。31日は歓迎行事や首脳会談、1日には天皇陛下と会見する。

 温首相の日本訪問は07年4月以来2度目。【西岡省二】

赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
<川渡り神幸祭>貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
旭山動物園、入園者増へ市長自ら“なにわ作戦”(産経新聞)
普天間、地元の理解が先=党首討論の発言修正-鳩山首相(時事通信)

【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)

 薄紫の花穂(かすい)を垂らし、香り豊かに咲く姿は貴婦人のよう。藤の名所、春日大社の「砂ずりの藤」が、満開を迎えている。今年は4月の寒さが影響し、見ごろが少し延びているそうだ。

 春日大社と藤は縁が深い。平城京の守護神である同社は、藤原鎌足を祖とする藤原氏の氏神でもあった。768年、時の左大臣、藤原永手(ながて)によって創建されたと伝えられる。それ以前も春日山(御蓋山(みかさやま))一帯は聖地で、平城遷都後は山頂に中臣氏(鎌足の出身氏)ゆかりの御祭神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)を茨城県・鹿島神宮から迎え、まつっていたそうだ。

 藤原氏といえば、江戸時代まで千年以上にわたって貴族社会を席巻した氏族。その繁栄を見れば、霊験あらたかといえるだろう。平安京に都が移っても、一族の氏の長者や摂政関白らが「春日詣(かすがもうで)」に赴き、かの藤原道長も訪れた。その境内は藤でいっぱいだ。社紋は「下がり藤」だし、神職の衣装や巫女(みこ)のかんざしには藤があしらわれ、万葉植物園では早咲きから遅咲きまで約20品種、約200本の藤が参拝客の目を楽しませている。

 そういえば、藤原氏出身の紫式部が書いた源氏物語では、主人公・光源氏のあこがれの女性は「藤壼(ふじつぼ)」だった。

 藤は日一日と房を長く伸ばして咲くため、昔から長寿のシンボルとされてきた。確かに藤棚の下に立ち、華やかな香りに包まれると寿命もなんだか延びそうな…。

 文 山上直子

浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
プロフィール

Author:くさのいさおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。